Reanのたわごと。

たわごとです。戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善意なのか、悪意なのか。

Reanには大変珍しい話題ですが、どうにもどうにも気になったので、つい。


http://blog.drecom.jp/youconntakut/archive/1747

まずはここを読んでみて頂きたく存じます。
普段から尊敬してやまないたくろふ様のブログ記事でございます。


色々と賛否両論ある様ですが、Reanはなんとなく、こういうものに胡散臭いものを感じてしまいます。
広告やプレゼンテーションが大々的であればある程疑うと言うのは、
自分がけち臭い性分だという事なのかしらん、なんて思ったりする事もあります。

一見透明を装った不透明性。
そういうモノは、意外とどこにでもさりげなく転がっていたりします。
私自身仕事の絡みで良く相談を受けるのですが、
びっくりするくらい多いのがインターネットの料金について。
初期費用とか月額で、一見でかでかはっきり書いてある無料などの宣伝文句に
それはもう巧妙に隠された部分があったりして。
またこれがあってしかるべき説明を省かれてたりして。
そんな経験がそういう『疑う』姿勢をReanに作らせていたのかもしれません。

たくろふ様のブログの内容についてはReanから特に申し上げる事はないのです。
Reanごときがどうこう言うよりも、的確な問題提起が既になされているので。

ただ、思うのです。
『知る』事を自らしなければ見抜けない、善意を装った悪意。
そう言うものの怖さを。
ホワイトバンドのオフィシャルサイトを見れば見るほど
綺麗事に飾り立てられた隠蔽を感じてしまうのは、
私がひねこびているからなのでしょうか。
『ほっとけない』ノハ、『他人事』ダカラデスカ?
そんな意地悪い質問が頭をよぎったりもします。

恐ろしい事。
『日本が同じ状況に陥らない保証が、一体どこにあるのでしょう?』
ホワイトバンドなんぞなくても、問題はすぐ目の前にある気がします。

ひとまず、一番マトモそうな募金先をまずは探してみよう。
Reanはそんな事をふと思いました。

涙。

女の涙に騙された!! と感じた経験のある男性。
結構な数がいそうですね(笑?

惜涙、感涙、空涙、嬉し涙に血の涙。
目は口ほどに物を言い。
まして涙は最も表情ある【目】を作るものでしょう。

ふた昔ほど前、心理学のある分野では、
『悲しいから泣くのか。あるいは泣くから悲しくなるのか』
なんて議論が交わされた事もあるとか。
しかしどちらにしろ、涙はある意味言葉にすらならない【何か】を表現し、また吐き出す、かけがえのない手段なのではないでしょうか。

その涙に意味があるのか。
その涙に救いがあるのか。

それは涙を流す本人にすら、判断を下すのに長い時間を要する質問です。

涙の数だけ強く、優しくなれる。
それは最初嘘っぱち。
真実だとわかるのは、ずっとずっと後。
Reanはそう思います。

でも、
泣いた後、どこかあかぬけた、さっぱりした表情で
照れ笑いを浮かべる相手を見たりすると、
勝手ながら少しだけ、救われる様な、
そんな気がするのです。

『こんなダメ上司でごめんよ』

台風。

被害の全体像がまだまだつかめていない様であり、
これからも北の方は予断を許さない状態が続きます。

こんなちんまりしたブログを見てる方はそう多くないと思いますが、
とにかく皆様に被害がない事を、心底より祈ります。

のっくだうん。

過労じゃないと信じたい。
例によって喉から感染。
救急車の世話にならなかっただけマシか。。。
夜間病院のお世話になりました。

ご心配おかけしてますが、
喘息の発作もやや落ち着きました。
復活まではまだ若干かかりそうですが。

なんとか死なずに生きてます、ぜぇぜぇ。

中間管理職。

イヤな言葉ですねぇ、ホントに(苦笑。
肩書きがあってもなくても、
一度なってしまうと抜け出せない。
地獄の罠ですね、これは。

皆様の中の【理想のリーダー】って、どんな人でしょう。

部下を泣かせる事が、こんなに精神的にキツイとは、Reanは思いませんでした(苦笑。
下の連中の為に、上に頭を下げるって結構どうって事ないんですよね。
でもそれだけでは、守ってやれない事がある。
それは結構ショックでした。
頭で解っているつもりでも。

やる気がない奴を叱り飛ばして切り捨てるのは簡単。
でも結果が出てようと出てなかろうと必死で歯をくいしばって底辺でもがいているのを見ていながら、
まるで見ていないかの様に無視して叱る事は、Reanには出来ないようです。

出来る事のあまりの少なさに。
自分を信じてついてきてくれる人間を守れない自分の力不足に。
なんだか何かが萎えてしまいそうな日々です。

それでも文句を飲み込んで、必死で泣きやんで頑張る連中の背中にこっそり頭を下げて、
今日も冷血に振る舞う自分がいたりするのです。
嫌な人間だなあ。
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。