Reanのたわごと。

たわごとです。戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を見つめる優しさ。

Reanは父や兄からしょっちゅう良本の紹介を受けられる、それはもう贅沢な身の上でして(笑、実家から荷物が来れば中に本が入っていたり、兄宅から帰る時には一冊手に持ってたり、そんな感じで色んな本を教えて貰っています。
その為、どちらかと言うとReanの読書はやや男性的であり、同時にやや老けております(苦笑。
そんな中、この方については友人の一人から紹介を受けました。
北村 薫 『空飛ぶ馬』

女子大生である『私』が、人との出会いを経て、時に[謎解き]をしながら歩いてゆく物語。
分類としてはおそらく[推理][謎解き]なのでしょうが。
Reanにとってこの方の本はなんというか、[優しさの本]であります。
不勉強にして円紫師匠シリーズ以外のお作はまだ拝見していないのですが、
『私』の相談相手であり、謎解きの達人である落語家『円紫師匠』が紐解く謎は、ただ謎であるだけではなく、『人間をほどいている』様な、そんな感じが、Reanはするのです。
スポンサーサイト

転職。(マタカッ!? (違ッ

アケマシテオメデトウゴザイマス。
オソスギマス。

いやぁ、もう半年以上ネットに繋げていないと、なんだかそれが当たり前になってしまうから怖いですね。
皆様に散々御心配頂いて、本当に申し訳なく有難く。
なんだかんだ、無事生きて飛び回っております。

今してる仕事はしがない店頭接客要員(であるはず)のReanなのですが、
なんだか、仕事変えない? なんて分不相応な、しかもその上やたらと魅力的な(!)
お誘いががたがたと舞込んでおり、くるくる舞い散ってしまいそうな今日この頃。
どちらにしろ今の職場も後任が見つかり次第終了が決定してるので、
次どこに行くかはReanの上司次第。ドキドキ。

でも、もう少しで落ち着ける。落ち着いたら、復活だ!
ガソバレ自分。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。